ヒメユリ

百合小説サークル「ヒメユリ*ひメユり」です。主に活動と百合について語ります。
TOPスポンサー広告 ≫ February Magicの奇跡の別録りアドリブ劇を考察してみる。TOPアニメ ≫ February Magicの奇跡の別録りアドリブ劇を考察してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

February Magicの奇跡の別録りアドリブ劇を考察してみる。

ラジオ「闇の炎に抱かれて聴け!」がついに最終回を迎える事となった、
中二病でも恋がしたい!ですが、私はマダマダ激推しでやっていこうと
おもっていますよ!

さて、そんな私ですが、今日は実にアホ臭い検証をしようと思うのです。

Black Raison d'etreのVan!shment th!s world!のCWとして収録されている
February Magicについて、聴いた事がある人なら誰もが思うあの、最後のアドリブセリフ劇。
何度聞き返しても聞き取れませんwww なので、耳コピりながら妄想で書き出すことにしました。


以下、妄想書出しセリフ劇▽




六花: 「スーパー・シュバルツ・ショコラ・フラッシュ・クラッシュ・スマッシュ!」
凸守: 「デコぉ!?」
森夏: 「ちょっ、コラっ!(このあと何か言ってるかも)」

凸守: 「凸守も、やるデス!!」
森夏: 「何するつもりよ!!」
凸守: 「おーる・らいっ ショコラート(шоколад)!」 
   →(やっぱすみぺはロシア語で来たか…と思いましたが、ロシア語わからんので、チョコレートの前の「「おーる・らいっ」と聴こえる所がよくわかりません)
森夏: 「んなっ!?」(聞き取れません)
くみん:「おお! すごーい!」
森夏: 「ちょっと食べてみなさいよっ」
六花: 「パクッ」
凸守: 「パクッ」
六・凸:「アウッ」
六花: 「苦いー」
凸守: 「デコぉ!」

くみん:「それ違うかもぉ」
森夏: 「もう! ベタベタ(?)じゃない!」
凸守: 「さあマスター! 次、いっちゃえ!」
六花: 「ガンチョコ・ティンクルー!」

<(!)爆発音>

森夏: 「ちょっ、バカじゃないのお、もうっ!」
凸守: 「もうすぐデス! ニセサマー、お前は黙ってチョコレートをかき混ぜるデス!」
森夏: 「こんな事してると、精霊の怒りを買うわよ」

六花: 「闇チョコ、完成」
くみん:「おー、出来たねえ」
六花: 「これで勇太を悩殺する事ができる」
くみん:「それ、一度食べてみたいんだけど、良いかな」

くみん:「うっ……。これはちょっと、ダメかも知れないね」
六花: 「えっ! あうっ…」


所々厳しい所がありますがww とにかくデコと森夏のセリフが抑揚着き過ぎて聞き取りにくい。
別録りと言う事で、音声レベルが違うのかもしれません。(という言い訳w)

この神がかっている別録りアドリブ劇から情景を浮かべるとすれば……

 「なるほど……。更なるダークマターを追求するためには、このカカオというやつが必要」
 「え、か、カカオ豆から作るの? てか、それ無茶苦茶よ?」
 「この本に載ってるの全部おいしそうだねえ、このトリュフとか美味しそうだよぉ」
 「うむ。トリュフ! 闇と混沌を模しているかたち」
 「その表現、止めなさいよ」
 「マスター! カカオは数字が大きい方がダークというらしいデス!」
 「ナイス! 凸守っ」

 というわけで、カカオ70%以上のダークチョコレートを買ってきて、チョコレート作りがはじまる。
 が、生クリームを電子レンジで過加熱して燃やし、ハードなダークチョコレートをちまちまと
 削ったり、砕いたりする地道な作業に、嫌気がさした六花が、スーパーシュバルツ〜!と
 叫びながら、机にチョコレートを叩き付け始めて、別録りアドリブ劇に続くかんじでしょうかね。
 とりあえず、安定の森夏さんww ぜったいに凸ちゃんにチョコでべとべとにされているはずだ!
 うーん、エロいwww
 
 という、どうしようもない考察をしてみましたwww
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

弥家比奈

Author:弥家比奈
2006/10/26/Start
・詳しいプロフィール・
 弥家比奈
(びけ ひな)
と読みます。
twitterはこちら
サークル活動報告
pixivはこちら

サークル参加イベント
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
過去ログ
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。