ヒメユリ

百合小説サークル「ヒメユリ*ひメユり」です。主に活動と百合について語ります。
TOPスポンサー広告 ≫ 続2・骨折TOP私の話 ≫ 続2・骨折

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

続2・骨折

さて、痛い話をします。苦手な人はどこかへ行ってねww





一昨日の月曜日、骨に入れていた釘を抜きました。
なんか、ワイヤー程度なのかと思っていたら立派な釘でした。

honekugi


舟状骨ってマジちっちゃい骨なのに、こんなの入れてて
抜いた後の空洞はどうするんだって思うんだけど、そのまま
骨が再生するまで放置プレイ。なんてスパルタ!!((( ;゚Д゚)))

外科医って絶対ドSだと思うのです。

※以下グロ文章【注意】

今回の釘抜きも、まるで大きな刺を抜くような感覚。
診察室で麻酔を手首に打たれて(ここで既にギャー!!って程痛い)
でもまだ序の口。ここからが地獄。

1.ぶっとい注射針で釘を打ち込んである傷口をぐりぐりとえぐる。

 麻酔が効いてるはずなのに、痛い。ものすごく痛い。

2.見えた(と思われる)釘の一部をはさみのようなペンチでぐいぐい引っ張る。
 
 もう訳が分からん位痛い。冷や汗出る。

の行程で1.2を抜けるまで繰り返す訳ですよ。
(一応、白い布で施術の様子を私からは見えない様にしてくれてましたけど)

間で先生が「ほんとはね、手術室でやるような作業なんだけど、あれすると色々大変でしょ?」
なんてカミングアウトをかます。ま、マジで!?と、思う反面、
たしかに手術はめんどくさい。と思うどこまでもものぐさな私。

多分時間にして5分程の出来事だったと思うんだけど、
もっと長い事ぐりぐりぎりぎりやってたと思う。
先生の「ほーら抜けた!」って時の笑顔がキラキラして眩しすぎたww
その声と一緒にこの釘が銀色の受け皿に血まみれでカランって
音を立てて滑り落ちて来た時が一番ギャー!!ってなりましたwww

先生が「そのピンキレイにしてあげるからもって帰ってねv」とか
言うもんだから無理矢理押し付けられて帰りました。

ちなみにエグッた傷口はサージカルテープで米印に止めて
その上から止血用のガーゼたっぷり貼付けて包帯でぐるぐる巻き。
お風呂はあさってまでダメよ。なんて言われて、疼きまくる傷口を
押さえながらトボトボ帰りました。

昨日ちらっと包帯とってみたらガーゼにまだ赤い血が……。
こりゃ当分傷口塞がるまで安静です。

もう一回やれと言われたら怖くて逃げ出してしまいそうだよ(:_;)


関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

弥家比奈

Author:弥家比奈
2006/10/26/Start
・詳しいプロフィール・
 弥家比奈
(びけ ひな)
と読みます。
twitterはこちら
サークル活動報告
pixivはこちら

サークル参加イベント
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
過去ログ
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。