ヒメユリ

百合小説サークル「ヒメユリ*ひメユり」です。主に活動と百合について語ります。
TOPスポンサー広告 ≫ 映画ドラえもん 新・鉄人兵団TOPアニメ ≫ 映画ドラえもん 新・鉄人兵団

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

映画ドラえもん 新・鉄人兵団

数あるドラえもんの映画の中で一番好きなのどれ?って聞かれると、
「旧・のび太と鉄人兵団」か「旧・のび太の魔界大冒険」と
答えていた私が、やっと「新・鉄人兵団」を見ました。
地上波放送で、ですけどw


「旧・のび太と鉄人兵団」はしずかとリルルの小学生とは
思えない様なやり取りをハラハラしながら見つめる様な
作品だったので、上映当時、のび太君たちよりも年下だった私は
映画を見た後に、訳がわからなくて原作の漫画を買って何度も
読み直した記憶があります。
「のび太と」と言うよりは「しずかと」という内容だった記憶。

それでもやっぱりラストシーンのしずかとリルルのやり取りは
胸熱な訳で、何度見ても泣いてしまうシーンです。

そんな旧・のび太と鉄人兵団を頭の片隅で思い出しながら
新のび太と鉄人兵団を見始めた訳ですが、まず、驚いたのは
「絵が綺麗」「絵が動く」「キャラがコミカル」そして
「しずかちゃんが萌えキャラ!?」

そう言えば、新しいドラえもんになって、わたし一度も
映画見てないんですよね……自分でも驚いたww

しずかちゃんって中の人が変わるだけであんなに萌えキャラに
なるものなのかと驚きましたww野村さんの声に慣れていたので
頭の中ではしずかちゃん=あの声というのがあったので、
正直しずかちゃんであって、しずかちゃんではない…
もー混乱しますよね、声フェチとしてはwww

ま、それはいいとしてww 今回新キャラとして登場した
ジュドのメインプログラムである「ピッポ」の存在。
私はこれがちょっといただけない。

確かに、ピッポがいる事で、メインタイトルの「のび太と」に
沿った内容に描かれ直されているのだけど、しずかちゃんと
リルルのお互いの距離感を確かめながら、怖ず怖ずと近寄る感じの
やり取りが希薄になっているんです。
これは非常に残念極まりない。
ピッポを描く事で、全体的にマイルドな仕上がり。
ま、児童向け映画としては、わかりやすくなっている感じはあります。
ドラえもんなので、ロボット的な戦いのシーンはあまり
いらなかったなーと思うんですけど、その辺りは監督さんの好み
なのでしょうね~。

でもやっぱり、最後のリルルとしずかちゃんの場面では涙でるなぁ……シミジミ。
いい話なのかどうなのかってのは昔から「?」って感じだけどね。


しかし……
 
リルル、かわいいよリルルwww


こんなにリルルって可愛らしかったかなー?という記憶。
もっと淡々と冷徹なイメージだったんだけどな。
しずかちゃんと心を交わす最後のホンの一瞬だけ見せる
感情的な表情ががっつりと心をつかむ感じの子だったんだけど
もう、鳥かごに入る前には完全デレ化しちゃってるし可愛いww


さて、最後にちょっと百合的な解釈ですが…。
しずかちゃんが冒頭でリルルとすれ違うシーンがなんとも…^p^

雨上がり、傘を畳む仕草からリルルを見つけてポーっとなる。
すれ違い「きれいな人……」とつぶやく。

ちょっと、何この百合フラグwww

そりゃ裏山でリルルを見つけて、ロボットだとわかっても
その小さな体で抱えて帰るわよねwあんだけ守衛的ロボットが
うろついてるのに、臆する事なく自分の家までリルルお持ち帰り
するわよねw

しずかちゃんが一方的にリルルスキーでしたけど、なかなか
久しぶりにいい百合見ました^^

すこしだけ、今の声にも慣れて来たかも?と思ったので、
避けて通って来た「新・魔界大冒険」もみてみようかしら?
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

弥家比奈

Author:弥家比奈
2006/10/26/Start
・詳しいプロフィール・
 弥家比奈
(びけ ひな)
と読みます。
twitterはこちら
サークル活動報告
pixivはこちら

サークル参加イベント
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
過去ログ
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。