ヒメユリ

百合小説サークル「ヒメユリ*ひメユり」です。主に活動と百合について語ります。
TOPスポンサー広告 ≫ EVE burst errorTOPゲーム ≫ EVE burst error

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

EVE burst error

私がこの世で最も愛して止まないゲームソフトの名前。
それがEVE burst errorです。

前にも書いた事があるかもしれないけど、
このゲームのクリエイター「管野ひろゆき」氏は
今でも尊敬するライターさんです。

SSとwin95版のプレイしかしてないんですけど
(98はハードの関係で不可能、R指定版は、別にw)
(Plusも持ってますけど、あれは別物と考えてます)
初めてSS版をプレイしたのはまだ学生の時。
寝ないでやり倒しました。続きが気になって仕方がない
そんな小説に久々に出会った感じだったんですよ。

しかも、私は自分が書く小説もそうですけど、
一人称キャラにだんだんと自分の感情をのせてしまう
タイプなんですよね、だから、常に北条まりなの気持ちで
ウルトラキックも食らわせますよww

あの性格のキャラが好きなので、自分の話の中にもよく出てきます^^

だからなおさらだったのかもしれない、
あのエンディングは衝撃的だった。

心底泣きましたよ。

今でこそ涙はもろい方なんですけど、当時はもっと感情に
起伏があまりないタイプだったので、何事にも冷めてたんですよね。


それを、あそこまでボロボロと泣かされたのはホントに初めてでした。
分岐があるわけじゃないんだけど、それでも何か見落としがないか、
もう少し浮かばれる終わりがあるんじゃないかとか、何度も何度も
プレイしました。

加えて、岡本麻弥さんという人物を知るきっかけにもなった作品。
真弥子が麻弥さんだったからこそ、あんなに切なく、儚いヒロインが
生まれたのだと私は思っています。

それから、管野ひろゆき(剣乃ゆきひろ)氏の作品にはまり、
デザイア、YU-NO、エクソダスギルティーまでプレイしました。
でも、やっぱりEVEburst errorを私の中で超える物には出会えなかった。
YU-NOは面白かったけど、途中からちょっとグダグダだった記憶が。

音楽、シナリオ、システム、グラフィック、演出、声
全てにおいて私の中で最高だと言える作品。


そんなゲームを作った方々が去年、全力疾走で駆け抜ける様に
逝ってしまいました。8月に音楽の梅本氏、12月に管野氏。
管野ひろゆき氏がお亡くなりになっていたのは今日知って、
ホントにショックを受けてます。

実は感化されて、当時書きかけていたお話があります。
それはゲームとして無謀にも一人で挑もうとした物。でも、
私は周りに流されて、生活する事にかまけて途中で投げてしまった物です。

それをこの間、なんとなく思い出して、小説に起こせたらいいのに
なんて、あらためてプロットを起こしていたところでした。

元々SFが凄く好きなんでね^^(そう言えば、去年投稿した小説はSFだw)
これを機にホントに書ききってみたいなーなんておもっています。

最後に、遅くなりましたが、私にとっての偉大なクリエイターのお二人の
ご冥福をお祈り致します。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

編集
波平の永井さん死去

後任は茶風林

茶風林といえばディーブ
そんなワケで自分の中ではburst errorブームが起きてまして、“EVE burst 涙”で検索して色んなEVE系ブログを見て廻ってました(笑)
あ~早く会社の上司からサターンとバスエラ返して貰ってプレーしたいな(^-^)10年ぶりに
菅野さんの遺した想いと、納屋さん、野沢さん、本田さんの名演をしっかりと心に焼きつけたいと思います
今のこの文章もPS3に保存したEVEburst errorのサントラを聴きながら書いてます(笑)
いち、EVEファンとして書かせてもらいました
では、失礼しました~
2014年02月21日(Fri) 05:14
Re: タイトルなし
編集
史進さま

まさか2年も前の記事にコメントいただけるとは^^
実は私も波平サンの後任が茶風林さんと聞いた時に、
「ストールマン・孔」だな。と、思ってツイート
しようとしていましたっwwでも、きっと分かる人
少ないからー。と思って辞めましたが、ここにいましたね(笑)
わたしもSSのPremium Packを持っていたのですが、SSが
壊れてしまったので、ずっと宝物として眠っている状態ですよ。
コレからも私の中でのNo1はburst errorです。
ぜひ、プレイを愉しんで下さいね〜^^
2014年02月21日(Fri) 11:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

弥家比奈

Author:弥家比奈
2006/10/26/Start
・詳しいプロフィール・
 弥家比奈
(びけ ひな)
と読みます。
twitterはこちら
サークル活動報告
pixivはこちら

サークル参加イベント
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
過去ログ
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。