ヒメユリ

百合小説サークル「ヒメユリ*ひメユり」です。主に活動と百合について語ります。
TOPスポンサー広告 ≫ すごい正月 その①『激動編』TOP未分類 ≫ すごい正月 その①『激動編』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

すごい正月 その①『激動編』

この正月は私の誕生日である2日からミニステルの元で
オタオタいちゃいちゃする予定だったのですがw


1月2日のあさ。

ミニステルの元へ行くべく用意をいそいそと実家でしていたら
一本の電話が…

続きは長くなるので読みたい人だけどーぞw


『じじいの呼吸が止まった』



えー!!!マジ!?


驚くまもなくバタバタと用意して母の実家の近くの総合病院へ
車を飛ばしました。

なんつーか、私その日の14時の新幹線でミニステルのところに
行く予定だったんです。

なのに、今は10時30分。


母方のじじいが臨終です。


『うはっ!なに人の誕生日に死んでるのさマイグランドファザー(?)』


それからバタバタミニステルに連絡とって取り合えず正月休み中に
方が付くかどうかまた夜に相談する約束をして
そっから弟やらなんやらに連絡をしまくって正月3が日過ぎないと
葬式挙げられねっからて言うんで3日通夜の4日葬式。


ふぅ~


私ね、このおじいさんはあまり自分のおじいさんと思えないのですよ…。
というのも、母はもらわれっこ。そしてそんな母は
そのじいさんと先に逝ったばあさんの事をいつも
『親らしいことは一切なかった。むしろ嫌いだった』と言っていて、
更に、跡取りだったにも関わらず母は父と駆け落ち
してしまって、そんなふたりの子どもだから
当然、私や弟もかわいがられるということはなかったんだけども…。


次第に弟のほうは男だからということもあり『跡取れ』なんて
いわれてたけど、私には一切関心なしでねぇ~。

だから当然私もなつかないわけです。

そんなじじいだから予定を台無しに、増して自分の誕生日に
こんな仕打ちをされたことが悔しくて仕方がありませんでした。


12月29日は会社の女子だけでチーズフォンデュ忘年会の
予定だったのに、それもキャンセルしてじじいの病院に駆けつけ、
そして、30日年が明けて元旦にも顔を観にいってやったのですが
どうやらよほど私の事が気に入らないのか、正月休みが終わるまで
待ってくれというみんなの願いをスルーしてあっさり2日の日に
逝ってしまいましたよ。


そんなだから私ほんとにほんとに悔しくて。


正月でのんびりしていた親戚一同巻き込んでテンヤワンヤですよ。


でもね、うちの母ってずるいのです。前、このじいさんの連れである
ばあさんが死んだ時もそうだったけど大体いつも文句たれてるだけ
なのに死んじゃうかもって分ってから

『ほんとはね、お母さんの方が悪いと最近思うの。だって
 おじいさんは跡をついでもらおうとお母さんをもらったのに
 そんなお母さんは家を継がず出ていってしまって…
 不幸だったのはおじいさんの方だと思うの…』


っておい!まて!


じゃ、今まで散々私にグチグチグチグチいってて
ココに来てそれか?じゃ、今まで私は一体ナニを聴いてたんだよ

いつもですが…裏切られます。最後の最後に。
あの人はそう言うずるーい人間ですよ。

そんなだから式の時や式の前ではぽろぽろ泣いてるんです。
なんかますますムカムカ来てしまうのです。

そしてそぉんな私は村八分も、どうせ私は跡継ぎ人ではないので
かんけーねーやっと思って転んでもただでは起きてやらぬと
葬式後に正月をやり直すことを決意したのですwww


続きは次の記事へいきまーす♪
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

弥家比奈

Author:弥家比奈
2006/10/26/Start
・詳しいプロフィール・
 弥家比奈
(びけ ひな)
と読みます。
twitterはこちら
サークル活動報告
pixivはこちら

サークル参加イベント
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
過去ログ
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。